菅内閣 活動開始

昨日に臨時国会も無事に終わりました。この国会で、菅 自民党総裁が、内閣総理大臣に正式に決まりました。菅内閣として新たな日本の政治が動きはじめました。私も自民党国会議員としてお役に立てるように頑張ります。

厚生労働大臣には、新型コロナウイルス肺炎関連対策本部の本部長でもある田村憲久代議士が就任されました。田村憲久 本部長の時には、東京医科歯科大学の発熱外来に隣接している新型コロナウイルス肺炎検査専用の感染対策 野外CTの実現に於いてご尽力を頂きました。

この感染対策野外CTの感染対策レベルは世界トップクラスで、世界初の対応レベルと思われます。建屋と医療メーカーの大きな協力の元に実現できました。感謝です。

既に稼働しており、早期コロナウイルス肺炎の発見には勿論、院内感染対策、PCR検査偽陰性対策、院内CTが従来の検査ができる環境に回復するなど、多くの利点があり患者さん、医療現場に、大変に役立っていると聞いております。
このプロジェクトは国会議員 畦元将吾が発案活動し、実現をさせて頂けた私には忘れられない初実績です。

私は、繰り上げ当選なのでまだ国会議員になって、1年2ヵ月位です。

国会でやるべき仕事はまだまだ多く、進行中の仕事やこれから手をつけなければならない仕事があります。日々、頑張ってこなしていきます。今後も代議士を続けていかなければ実現できません。皆様からご支援を引き続き、いただけるように全力で頑張ります。