第36回日本診療放射線技師学術大会

案内が遅くなり恐縮なのですが、現在オンデマンドで開催されている【第36回日本診療放射線技師学術大会】のJART企画にて、講演させて頂いています。
本大会は宮城県放射線技師会主催であり、立花会長はじめ宮城県放射線技師会の皆様、ご開催誠におめでとうございます。
貴重な会の折、講演の機会を頂戴し、改めましてお礼申し上げます。
コロナ禍の開催となり、ご苦労も多かったと思いますが、魅力的なプログラムや参加しやすい登録方法など感銘を受けています。
非常に大変な状況ではありますが、ぜひご登録いただきご覧いただければ幸いです。
http://jcrt2020.radtech-miyagi.or.jp
宮城県出身で私も好きな石ノ森章太郎の言葉に、【壁を越えるのはちょっと苦しいけれど、越えればそこには必ず新しい世界がある。それを見られるだけでも楽しいじゃないか。人生は木のようなもので、まっすぐに伸びた幹だけの木よりも、枝があちこちに伸びている木のほうがおもしろい。まっすぐな幹だけをスルスルと昇っていくより、枝々をいろいろな方向に伸ばしたほうがいろいろな方向が見渡せて人生が何倍も楽しめるぞ】があります。
皆様にお支えいただき、国政で活動を続けられることに改めて感謝し、明日からまた気持ち新たに邁進して参ります。