活動報告

    • 宏池会パーティ出席
      宏池会のパーティに出席させていただきました。
      会場に入りきれないほどの人であふれかえっており、派閥の勢いを感じることが出来ました。
      地元広島の支援者にもお目にかかることができ、心温まる激励をいただきました。
      目標達成に向け、最後まで諦めず、前進あるのみです!
    • 統一地方選挙
      統一地方選挙では、自民党ふるさと振興支部として日本診療放射線技師連盟副理事として、支援活動を実施しました。候補者に推薦状の送付や私の党員やサポーターにSNSや選挙ハガキ、電話などで応援をおこないました。

 

    • 被ばく線量管理
      被ばく線量管理システムについて、申請する内容を参考にして医療費削減に繋がる。為、欧米諸国と比べて10年遅れていると言われるCT装置の患者さんへの被ばく線量管理を至急追いつけ為にも厚労省が国内に早く浸透させる攪拌させる目的の為の大きな力となるように積極的に活動しています。ソフトウエアを含めたシステム開発や広告などして国内に被ばく線量管理の重要性を講演や勉強会で訴えたり、施設での対応が、経済的にも、技術的にも負担にならずにできるシステム開発をした事をお伝えしてこのところおおきな反響をいただきはじめています。

 

  • 2019国際医用画像総合展(ITEM2019)
    2019国際医用画像総合展(ITEM2019)期間中に厚生労働省の関係者による視察がありました。
    厚労省の方と政務官の新谷正義代議士が弊社ブースにもお立ち寄りいただきました。
    被ばく線量管理については、来春義務化になるということもあり、非常にご関心をお持ちのようでした。
    現況などをお話させていただく良い機会になりました。
    現場の声を国政へ届けることの重要さを改めて感じました。