医療系議員団新型コロナウイルス対策

医療系議員団新型コロナウイルス対策本部にて、東京医科歯科大学内田病院長、大川理事、若林教授に医療現場の現況についてお話しいただきました。
東京医科歯科大学は都内でも多くの感染患者を診察、受け入れを行なっている医療施設の一つですが、クラスターを一度も出されていないなど、徹底した感染防止対策を行なっています。またアフターコロナの対策も重要であると仰っていました。
引き続き、患者さんはもとより医療スタッフ、職員の皆様が安心安全に働けるよう取り組んでいきたいと思います。