第38回日本診療放射線技師学術大会にお伺いし、ご挨拶させて頂きました

第38回日本診療放射線技師学術大会 機器展示オープニングセレモニーと、第38回日本診療放射線技師学術大会開会式のそれぞれにおいて、厚生労働大臣政務官としてご挨拶をさせて頂きました。政務官として本日が初めてのご挨拶であり私自身、強く心の記憶に残ります。参加させて頂きありがとうございました。診療放射線技師の今後は、医師のタスクシフトをはじめ、最先端医療の機器の操作、管理など患者さんの為の多くの仕事に期待がされてます。この大会でも多くの研究発表などがあり議論が交わされると聞いてます。本日だけで1500人以上の参加者がいるともお聞きしました。
また、連盟副理事の中上先生が連盟ブースを出して頂き、多くの診療放射線技師の先生ともお話をする環境を作って頂けました。そこで現場の意見なども聞く事ができました。また、少し医療機器の展示会にも行く事ができました。お忙しい中、ご配慮して頂きありがとうございました。